カテゴリー
インターネットカジノ

MuchBetter利用方法

MuchBetterとはロンドン発祥の電子決済サービスです。日本ではまだまだ知名度が低いのですが、欧米を中心に人気が高くなっています。必要最低限の情報を入力するだけで個人間送金も可能ですし、2020年1月から公式サイトとアプリが日本語に対応するようになり、使い勝手が向上しています。MuchBetterはアプリでしか利用できないサービスになっているため、専用のアプリをダウンロードしなくてはいけません。登録時に入力する情報は携帯番号やパスコード、氏名、メールアドレスなどになっています。入力する情報はそこまで多くないため、短時間で終えることができるはずです。
入金方法も簡単で1分程度で終わります。入金は最低10ドル以上となっていることに加えて、仮想通貨で入金する場合は2%の手数料がかかってしまうので気をつけてください。余計なコストは払いたくないと考えている方は、VISAやJCBなどのクレジットカードで入金することをおすすめします。MuchBetterはオンラインカジノの支払いに適しているので、検討してみるべきです。カジノフライデーやミスティーのカジノ、チェリーカジノーなどで使うことができます。日本では店舗でのカジノはまだ認められていませんが、オンラインであれば遊ぶことができるので、MuchBetterを使って遊ぶことは何もおかしくありません。日本ではカジノに対してネガティブなイメージが強く持たれており、損する可能性がかなり高いと思っている人が多いと思われます。必勝法があるので、資金の使い方だけ間違わなければ決して稼げないものではないです。損するイメージが強いのは、無謀なお金の使い方をしたことで、一度のゲームで大金を失うケースが少なくないことが大きいからです。一度で大金を失うような資金の使い方をすれば、当然稼ぐことができません。まずは賭ける金額を少なくして、資金を少しずつ増やしていくことをおすすめします。また、1日で許容できる損失額を決めておき、その額に達したらその日はやめるルールを作って遊ぶべきです。
海外の電子決済サービスは出金できないなどのトラブルが生じることがありますが、MuchBetterに関しては問題なく利用できます。日本人でも利用している人がいるので、ネットなどで実際に利用している人の意見を探してみてください。実際に利用している人の意見を見てみることで、信頼して利用できる電子決済サービスだと分かるはずです。

カテゴリー
インターネットカジノ

タイガーペイの使い方

タイガーペイはフィリピンの法人が運営する電子決済サービスで、日本でもオンラインカジノのプレイヤーの間で知られています。
その特徴としては日本円を始めとして、ドルやユーロ、ビットコインやイーサリアムといった主要通貨、電子通貨にも対応している点が挙げられます。
それとクレジットカードからの入金、銀行口座や仮想通貨ウォレットへの出金に対応しているのも特徴です。
仮想通貨については無料で両替できるので、覚えて置いて損をすることはないでしょう。
タイガーペイは決済処理に強みを持っており、スピーディーにウォレット間の送金が可能です。
またウォレット内で両替が行えますから、必要な時に好きなタイミングで、即時通貨両替が実現します。
タイガーペイは用途別に3種類の口座を用意しています。
ファストはメールを登録するだけでアカウントを開設できるタイプで、興味を持って始めて利用する人に最適です。
一方、パーソナルは利用に本人確認を要しますが、本人確認手続きが済み次第、口座の全機能が使えるようになります。
ビジネスは文字通りビジネス用途の口座タイプで、個人用途以上の活用に適しています。
改めて確認すると、タイガーペイは日本と国際的な銀行振込に対応しており、暗号通貨も入金と出金に利用できます。
入金にはクレジットカード、出金にはプリペイドカードチャージにも対応するので、日本人にお馴染みの決済方法が使えますし、選択肢の幅が広いといえます。
ちなみに、プリペイド式のカードは手続きをすると郵送で手元に届き、ATM決済や買い物に食事の支払い、ネットショッピングの決済にも利用可能となります。
海外旅行や国外の決済にも対応しますから、クレジットカードのような感覚で活用できます。
オンラインカジノのプレイヤーにとって、タイガーペイは金融ライセンスと送金ライセンスを有する電子決済サービスで、日本語にも対応する信頼のサービスです。
2021年に誕生したばかりなので実績はこれからですが、少なくとも話題性が高くて知名度が上昇しているのは確かです。
手数料を抑え、スピーディーな決済を実現するべく誕生した電子決済サービスですから、後発ということもあり期待が集まるのも頷けます。
カスタマーサポートは24時間365日ですし、日本語の問い合わせには日本人スタッフが対応しているので、やり取りに不安要素はないです。
口座開設手数料は掛かりませんが、12か月以上使わないと1か月あたり200円ほどの維持管理費が発生するので、この点は注意です。
とはいえ今後対応するオンラインカジノ、ブックメーカーが増加する可能性は高いので、今から口座を作っておくのもありでしょう。

カテゴリー
インターネットカジノ

ココモ法って知ってますか?

ココモ法とは、カジノの必勝法の1つです。ココモ法を語る前にまず、それとよく似ている必勝法である「マーチンゲール法」について理解すると良いでしょう。マーチンゲール法とは、カジノで使える必勝法の中で最も有名な方法だとも言われています。簡単に説明すると、「連敗の負け分を1回の勝ちで取り戻す」という必勝法です。使い方の基本は簡単で、勝つまで倍賭けするだけ。簡単なルールのため初心者でも手を出しやすい方法であり、1度でも勝てば損失を取り戻せるというメリットがあります。しかし、負け続けてしまった場合にベッド額があがるため、よほど資金力がない限り破産してしまうというリスクも背負うのです。一方、今回の本題であるココモ法ですが、マーチンゲール法の変形とも言われるほどよく似ている方法といえます。具体的には、負けた時に「前回の賭け金と前々回の賭け金を足した額を、次のゲームの賭け金とする」というルールです。もし、連敗しても1回の勝ちで今までの負け分を取り戻すという特徴は、まさにマーチンゲール方法と同じ。しかし、マーチンゲール法と比較して賭け金の増え方が緩やかであるという特徴があります。仮に、スタート時の賭け金を1$と仮定した場合、10連続で使用した時点での賭け金はなんとマーチンゲール法のおよそ10分の1で抑えられているのです。これにより、少ない資金でも利用しやすく、すべての資金を失うリスクが低くなるのです。心理的の負担も軽減されるので、比較的安心してゲームに臨むことができることでしょう。また、ココモ法で獲得できる利益を左右する要素は、何連敗した後に勝利するかということです。負けが続けば続くほどに、いざ勝利した時の配当額は増加します。連敗が続くと人は精神的に追い詰められしまうものですが、その分勝った際の見返りがおいしいことは魅力的です。しかし、そんなココモ法にもデメリットはあります。中でも最大の欠点は、2倍配当のゲームでは利用できないという点。この必勝法は、3倍配当のゲームでこそ効力を発揮するものです。もし、2倍配当のゲームで使ってしまうと、負ければ負けるほどに損失が膨れ上がり、仮に勝ってもその損失を回収しきることができなくなってしまいます。つまり、活用できるゲームを選ぶ必要があるのです。ルーレットのコラムベットやダズンベットといった3倍配当のゲームでこそ、その効力を発揮することでしょう。メリットとデメリットを理解した上で、有効に使っていくことをお勧めします。

カテゴリー
インターネットカジノ

ダランベール法とか本当に攻略できるのか?

ダランベール法とは、フランスの数学者であるジャン・ル・ロン・ダランベールの収束判定法に基づいたオンラインカジノの攻略法です。やり方は簡単で、「勝った直後のゲームで賭ける金額を1単位減らす」「負けた直後のゲームで賭ける金額を1単位増やす」という2つのことだけなので、オンラインカジノ初心者でも気軽に試すことができます。そしてダランベール法には、様々なメリットがあります。まず賭け金単位を少額に設定できるので、負けた後に陥りがちな「賭け金を2倍にする」というリスクを避けられる点です。資金の増減スピードを抑えられるので、一瞬で大金を失うようなリスクがありません。また資金が少なくても始められるため、持ち合わせが少なくてもできます。最初の賭け金も自分で設定でき、後から変えることも可能です。しかも一気に大金を失ってゲームが終了してしまうこともないので、実戦の経験も重ねられます。こうした点を踏まえると、ブラックジャック・バカラ・ドラゴンタイガー・シックボー・ルーレットの偶数奇数賭けや赤黒賭けなどに適しています。大損をすることがないダランベール法ですが、もちろんデメリットもあります。最大のデメリットは、連敗が続くと利益を出しにくくなる点です。資金の増減が少ないので、連勝を重ねなければ黒字化できませんし、大勝ちでこれまでの負けを取り戻すこともできません。そして資金の増減がゆるやかであるということは、目標金額の達成までの時間もかかってしまうということでもあります。つまり、長期戦を覚悟しなければならないのです。じっくりと腰を据えて取り組めれば問題ありませんが、時間の制約があるビジネスマンなどには不向きな方法であるといえます。さらに、勝った後に賭け金を減らすという攻略法であるので、一攫千金はありえません。言うまでもなく、カジノの醍醐味は一攫千金です。一瞬で無一文になるリスクもありますが、一瞬で大金を獲得できるかもしれないので、人々はカジノに夢中になるのです。しかしダランベール法では、そうした緊張感を味わえませんし、大勝ちもないので退屈なものとなってしまいます。当然ですが、カジノで全財産を失ったり、借金をすることなどは避けるべきです。ですがある程度のスリルや緊張感がないと、カジノは非常につまらない平凡なゲームになってしまいます。このように、家事の本来の楽しさを味わいたい人にはオススメできない攻略法であるといえます。

カテゴリー
インターネットカジノ

31システムと言う攻略法

少しでもオンラインカジノ等でお金を稼ぎたいと考えている場合は、一定の法則に従って行うのが良いかもしれません。昔から家事のなどでお金を稼ごうとしている人が多く、その中で様々な法則が開発されました。その中で言う比較的夢の方法の1つが、31システムと呼ばれるものになります。この方法は、ある一定の仕組みに応じてお金をかけていく方法です。例えば1つの上の中に掛け金の順番が書いてあるとします。最初は1をかけて次にまた1をかけそれが3回続き、その次に2をかけていきます。2の数字は2回続き、次に4が2つ続くわけです。さらに最後の2つは8になるでしょう。つまり、全部で9つの数字をそれぞれ順番にかけていきます。
具体的に述べると、まず最初は声援から賭け事をスタートします。そして負けた場合にはまた1000円かけていく仕組みです。そして3回目もやはり1000円のお金を投資して、4回目になると今度は2000円にしていきます。8回目には、最初の8倍である8000円をかけていく仕組みです。
このように、法則的なお金のかけ方をすることで、大きく負けにくいと言う利点が存在します。つまり、今までお金をかけてきたけども、いつの間にか大きなお金がなくなってしまったと言う人や、特に何も考えずにお金をかけていき、湯水のようにお金がなくなってしまったと人にとっては魅力的かもしれません。
この方法のメリットは、2回連続で勝つことができればお金を手に入れることができるということです。ただし、デメリットが存在しないわけではありません。デメリットがあるとすれば、2回連続でかたなければ利益を出すことができないと言うことです。そしてデメリットとは少し違うかもしれませんが、この31システムを利用することができるゲームは、限られていることです。
どのようなゲームで使うことができるかと言えば、勝つ確率が50%ほどのゲームになります。よくあるのは、ルーレットの赤と黒やバカラなどがこれに該当するでしょう。当然ながら、お金儲けができたとしても、それほどたくさんのお金が一気に入ってくるわけではありません。しかし、少ないお金でも手に入れることができる事で納得ができるならば、そのような人はぜひ使ってみると良いかもしれません。
お金は、少しずつ増やしていくため、ある程度まとまったお金が必要です。お金があまりない場合は、最初にベットする金額を少なめにするのが良いかもしれません。

カテゴリー
インターネットカジノ

チャンピオンズゲーム法はそもそも

チャンピオンズゲーム法は賭け事で使える勝率の高い戦略の一つです。必勝法ではありませんが、条件に適合するゲームにおいては、それに近い成果を出すことも不可能ではりません。ただし、これは数学の数列にもとづくテクニックなので複雑な部分もあります。とはいえ、基本的な仕組みだけを理解して実施することも可能です。最も大きなポイントは予選と決勝にゲームを分けることであり、最終的にチャンピオンの立場に到達すれば勝てます。
チャンピオンゲーム法を実施するときは、トーナメントで戦っていることをイメージしましょう。モンテカルロ法をベースとしており、派手な名前と違って実は堅実な手法となっています。いろいろな手順で実施できますが、最初に行うのはメモ用紙を準備することです。そこに数列を2つ書くのですが、慣れるまでは1を2個にしておくと良いでしょう。勝った場合は両端の数字を消し、負けた場合は前回のゲームで賭けた金額を右端に記入します。これを数列が消滅するまで続けてください。1回目の予選と決勝、2回目の予選と決勝といった具合に進めます。
数列の両端の数値を加算した数値を掛け金に設定することも基本です。たとえば、1を2個だけ書いた数列の場合、賭ける金額は2ドルということになります。このときゲームに負けたら、前述のように足して2を数列の右に置くのです。その後はまた数列の両端を足して出た数値を採用していきます。ゲームに勝利して数列の両端を削除し、数列自体がなくなったら終了です。利益が確定して、チャンピオンになったと解釈できます。
こうしてゲームを進めていきますが、予選と決勝をセットにして2回の繰り返しがセオリーです。つまり、4ステージを一つのまとまりと考えて勝つことが目的となります。その構図がトーナメントを勝ち進んでいる様子に似ているため、このような名前が付けられたというわけです。この方法を頭の中だけで実施するのはハードルが高いでしょう。したがって、無理をせずにメモ用紙を使って実施するのが得策です。
バカラなどと相性が良いですが、負けが続いて損益がマイナスになるケースもあります。この場合はリスクヘッジとして、いったんリセットしてから再び取り組んだほうが安全です。チャンピオンズゲーム法が成功したときは、4ステージの成果として10単位にも及ぶ利益が発生します。また、うまくいかない場合でも損失を抑えやすいというメリットもあるのです。

カテゴリー
インターネットカジノ

オスカーズグラインド法について色々

カジノの必勝法の中ではあまり知名度の高くないオスカーズグラインド法ですが、だからこそ知っておくことで確実に稼げるチャンスが増えます。1965年に提唱され、掛け金コントロールを行うことで結果として勝率を高める、決して負けない方法といえるでしょう。
オスカーズグラインド法とは、長期戦で勝利をするための方法であり、短期決戦型ではありません。勝利のたびに掛け金を増やしていくポジティブブログレッシブと呼ばれる手法の1種となります。使えるゲームは2倍の配当をするゲームとなっており、ルーレットやバカラ、ブラックジャックなどにはピッタリの方法です。
オスカーズグラインド法のメリットはリスクが非常に低いことや、少ない掛け金からでも実行し、利益を上げるチャンスがあることといえます。また、カジノで遊び始めた初心者でも覚えて簡単に利用することができ、高い確率で利益を出せるのもポイントの一つです。ただし、利益を得たらすぐにゲームを終えないと、いつまでもずるずる遊んでしまうことになるため、引き際を見極めることが必要となります。
基本的に1ゲームでゼロか1単位プラスとなるように賭けるのがポイントです。実施する場合、まずは1単位がどれくらいとなるのか決めましょう。1単位を1ドル・5ドルなどにすることが多いですが、人によって異なるため、必ずしも1ドルでなければいけないわけではありません。自分の希望する単位で決めてください。なお、この時決めた単位はその後の掛け金でも変えずに単位を活用してください。
やり方は最初に1単位をかけてゲームを開始します。勝ったらそこで1ゲーム終了です。負けた場合には掛け金は変えずに、そのまま続けていきます。勝ったらその後1単位分ずつ掛け金を増やして掛けていき、最終的に利益を出せたら1ゲーム終了です。1単位の利益が出たら1ゲーム終了と覚えておくだけでいいため、初めての人でも手軽に利用しやすい方法といえます。なお、このゲーム方法でデメリットとなるのは、あまり大きな金額を勝利できないことです。1単位勝ったら一度引いて別のゲームをやるなど、冷静になることを望ましいといわれています。そのため、多額の利益を得たいと考える場合は、ゲームの実行スピードを速めるか、別のやり方で勝利をすることが必要となりますので、参考にしてください。あくまでも利益を得るために必要とされている方法であり、利用するときには実行している人の用法を確認することが重要です。

カテゴリー
インターネットカジノ

これは大事:オンラインカジノを遊ぶ上で重要なこと

オンラインカジノは海外のインターネットを利用して遊ぶことが可能なカジノを指し、現在はパソコンやスマートフォンを利用し直接カジノのある海外に行く必要がなく、自宅など好きな場所・好きな時間に本場のカジノを楽しめるサービスです。
このサービスを始めるにあたって多くの方が気にされるのが、他のギャンブルと比較して勝ちやすいのかというポイントです。ギャンブルである以上勝率は運にも左右されますが、勝ちやすいと判断するための基準の一つとして還元率が挙げられ、宝くじや競馬、パチンコなど日本でおなじみのギャンブルの還元率は40~80%なのに対し、オンラインカジノの還元率は約97%と、圧倒的に高い数字がでているので勝ちやすいギャンブルといえます。
オンラインカジノで遊ぶことができるゲームは非常に幅広いことも大きな魅力の一つで、カジノゲームとして定番とされるスロットやバカラ、ルーレットやブラックジャックといったゲームから、ドリームキャッチャーやシックボーなどの新しいゲームも続々と増えているので飽きることがありません。ビデオゲームの他にも本場のランドカジノで体験できるような臨場感溢れるライブゲームも提供されていることが特徴で、画面の向こうで本物のディーラーとリアルタイムで対戦することも可能です。
どのゲームもクオリティが高く、パソコンやスマートフォン上で快適に遊べるようにカスタマイズされていることも特徴の一つで、日本語対応されているサービスも続々登場しています。
オンラインカジノといえば海外で運営されているサービスのため、日本から遊ぶためには英語スキルが必須でした。しかし最近では多くのサイトで日本語サービスが導入されるようになり、初心者でも飛躍的に遊びやすくなっています。ゲーム自体が日本語表示がされていたり、サービスを利用する上でトラブルが起こった場合には日本人スタッフによる24時間のフリーダイヤル・Eメールでのサポート窓口が用意されていることも、遊ぶ人が増えている理由の一つです。
ただカジノ初心者にとって、数多くあるサービスのうちどこを選べばいいのか迷ってしまうという声も少なくありません。オンライン上で楽しめるカジノは現時点でルールを守れば安全に楽しむことができますが、中にはライセンス取得をしていないサービスであったり、悪質な詐欺サイトなども存在しておりトラブルに巻き込まれている人も少なくありません。そこで重要となってくるのが信頼できるカジノなのか見極めるポイントを知っておくことです。
優良オンラインカジノの見極め方は大きく分けて4つのチェックポイントがあり、ライセンスを得て合法的に運営されているところなのか、個人情報を保護するセキュリティの仕組みがあるか、第三者機関の監査を受けて公正な運営が行われているか、入手金手段や入出金にかかるスピードなどが挙げられます。これらの条件を無事にクリアしているならば、あとは遊びたいゲームが充実しているか、お得に遊べるようなボーナスが用意されているかなどを比較してサービスを選ぶようにしましょう。
サービスを選ぶ上で運営企業の確認も重要なポイントの一つで、合法的に運営をしていてプレイヤー人口が多いサービスの場合大きなお金が集まりやすく、回していく必要があります。そのため安定した運営資金を確保できる企業力も重要となってくるので、サービスに登録をする際にはどんな企業をカジノを運営しているのかも確認するとより安心してカジノゲームを楽しむことができます。
オンラインカジノを遊ぶ上で重要となるのが、自分が利用しやすい入出金手段が用意されていることです。このサービスに登録し遊ぶためには、必ず本人の情報を登録した入出金ツールの準備が欠かせません。入出金で利用できるサービスにはクレジットカードを利用した電子決済サービスから、電信送金などが挙げられ、サービスによっては仮想通貨ビットコインやイーサリアムと使用した決済が可能なところも増えています。
それぞれの入出金方法の違いは、クレジットカードの場合すぐに入金が反映され手続きが簡単であるメリットがありますが、JCBなど対応していないカードが多かったり入金飲み可能で、出金が不可であるデメリットが挙げられます。電子決済サービスは1つのアカウントで入出金を行えるので、資金管理がしやすいことやサービスによってはATMから出金が可能なメリットがありますが、不正防止のためサービスが終了する可能性があるといったデメリットがあります。
銀行振込など電信送金はクレジットカードを所持しなくても入金可能なメリットがある反面、入出金の反映に時間がかかることや手数料が高くなるといったデメリットを持ちます。どのサービスでどの決済手段が使用できるかをしっかりと確認し、自分の利用したい決済手段が用意されているか確認した上で登録を行うようにしましょう。
ギャンブルには、責任あるプレイが求められます。また日本国内では、オンラインカジノは違法だという声もあります。

カテゴリー
インターネットカジノ

極めつけはモンテカルロ法だよね

カジノには、攻略法や必勝法と呼ばれる手法が数多く存在しますが、モンテカルロ法もその中のひとつです。真偽のほどは定かではありませんが、あるギャンブラーがこの手法を使って、モナコ公国にあるモンテカルロのカジノを破産に追い込んだという逸話が残るほど強力な手法として知られています。
モンテカルロ法は、長期戦を視野に入れた手法で、コツコツと利益を積み上げていけるという特徴があります。ゲームの勝敗によって賭け金を変動させていくのですが、他のカジノ攻略法と比べると複雑な手法なので、使用する際はメモを取りながらゲームを進めていくのがおすすめです。ただし、ランドカジノではメモを取りながらのプレイは禁止されているので、メモを取りながらプレイしたいのであればオンラインカジノでプレイしましょう。また、この手法は2倍配当のゲームでも使用できるものの、3倍配当のゲームで活用するのが基本です。2倍配当と比べると3倍配当のゲームは種類が少ないものの、代表的なものとしては、ルーレットにおけるダズンベットやコラムベット、シックボーにおけるシングルストレートナンバーなどが挙げられます。
モンテカルロ法を実際に使う際は、まず賭け金のベースとなる1ユニットの金額を決めましょう。1ユニットの金額を決めたら、メモに「1・2・3」という数列を書いてゲームスタートです。この手法では、数列の左端と右端の数字を足した金額をベットしてきます。例えば、最初のゲームでは「1・2・3」という数列なので、左端の「1」と右端の「3」を足した「4」ユニットがベット額になります。つまり、1ユニットの金額を1ドルに設定した場合は4ドル、3ドルに設定した場合は12ドル、5ドルに設定した場合は20ドルを賭けるということです。そして、勝負に負けてしまった場合は、ベットしたユニット数を数列の右端に追加します。最初のゲームでの賭け金は4ユニットなので数列は「1・2・3・4」となり、次のゲームでは左端の「1」と右端の「4」を足した「5」ユニットを賭けます。
一方で、ゲームに勝った場合は、数列の両端から数字を2つずつ消去しましょう。ただし、2倍配当のゲームで使う際は両端の数字を1つずつ消去してください。最初の勝負で勝った場合、数列の数字がすべて消えてしまいますが、この攻略法では数列の数字がすべて消えるか、残り1つになったら1サイクル完了です。勝負を続ける場合は、数列を「1・2・3」にリセットして次のゲームに進みましょう。また、最初のゲームから3連敗すると数列は「1・2・3・4・5・6」となりますが、その次で勝った場合は左端から「1」と「2」を、右端から「5」と「6」を消去するので、数列は「3・4」となります。そして、次のゲームでは左端の「3」と右端の「4」を足した7ユニットが賭け金になります。
以上がモンテカルロ法の基本的な使い方となりますが、数列の数字がすべて消えて1サイクルが完了すると必ず利益を得ることが可能です。しかも、負けの数よりも勝ちの数が少ないとしても、どこかで連勝していれば利益を上げることができます。また、低リスクで運用できるのもメリットのひとつです。この攻略法はゲームに負けると賭け金を上昇させますが、その上がり方が比較的緩やかなので高いリスクを負う必要がありません。例えば、カジノ攻略法として非常に有名なマーチンゲール法は、1回の勝利で利益が出せるというシンプルな手法ですが、負けた時に賭け金を2倍にしていくため、高いリスクを伴います。連敗が続くと資金が底を突いたり、テーブルリミットに達してしまったりする恐れがありますが、モンテカルロ法は連敗しても賭け金が緩やかに増えていくので、1ユニットを少額にすれば少ない資金でも使用できるとともに、テーブルリミットに到達しにくいです。
一方で、このカジノ攻略法は数列に数字を追加したり、逆に消去したりしながらゲームを進めていくため、運用に手間がかかるというデメリットがあります。長期戦になればなるほど数列を暗記するのが困難になるので、基本的にはメモが必須です。また、この手法は1サイクルが完了すると必ず利益が発生しますが、その額は決して高額ではありません。基本的にはコツコツと利益を積み上げていくタイプの攻略法となるので、一攫千金を狙いたい方は他の攻略法を使うことをおすすめします。加えて、賭け金の増え方が緩やかでも、勝ち負けが交互に続くような展開になると賭け金は増大していくので、この点についても十分に理解しておくことが大切です。
なお、上記の通りこの攻略法は2倍配当のゲームでも使用できますが、その場合はゲームの展開によっては1サイクル完了時の収支がマイナスになることがあります。そのため、モンテカルロ法は3倍配当のゲームでのみ使用するのがおすすめで、2倍配当のゲームでプレイする際は他の攻略法を使った方が良いでしょう。

カテゴリー
インターネットカジノ

これから初めてオンラインカジノを楽しむには

これからカジノをスタートしたい場合には、最初のうちは勝てなくても問題ありませんが、次第にお金が減っていく中で自分がこのゲームを始めた理由を探求するかもしれません。何も考えずに行っているならば良いですが、普通の大人であれば減っていくお金を見た瞬間に、このままではいけないと考えるでしょう。このままではいけないと言うのは二通りの考え方があり、1つはカジノなんてやめてしまおうと言う気持ちがあると言うことです。絶対にカジノでお金を稼がなければいけないならば別ですが、そうでなければ無理して稼ぐ必要はないでしょう。
もう一つの考え方は、やり方を変えてお金儲けをする方向に持っていこうと言う方法です。基本的にお金儲けをするならば、イカサマなどはしない方が良いです。一気に大きな問題に発展してしまう可能性があるからです。しかし、イカサマをしない方法がないわけではありません。それは、ある法則に従ってお金をかける方法になります。例えば、モンテカルロ法と呼ばれるやり方ならば、勝てる確率がいくらかは上昇するかもしれません。このような法則があったとしても、誰でも絶対に勝てるわけではありません。あくまで、今までよりも勝ちやすいと言うだけでそれだけで億万長者になれるわけでは無いのです。
このやり方の特徴は、最初に投資したお金で当たれば良いですが、外した場合にはその掛け金の何割かを次のゲームいますことです。例えば、1回目に500円使って負けた場合には、次に500円を使って勝利をした場合であっても十分に元を取ることができません。もちろん2回目でうまくいけばある程度設けることができるかもしれませんが、これを何回も繰り返して負け続けると、たまたま1回勝利しただければ元を取ることができないわけです。
そこで、負けるごとに掛け金を少しずつ増やしていく方法を考えます。ただこれでは法則とは言えないため、規則に従ってお金を増やすのが良いでしょう。例えば、1回負けることに今までの2倍の掛け金にすると言う方法です。例えば、最初に500円のお金をかけて負けた場合、次に1000円のお金をかけていきます。そして1000円の時に勝てれば最初の500円は簡単に取り戻すことができるでしょう。しかし、1000円の時に負けた場合には、今度は2000円のお金をかけていきます。このように、少しずつ掛け金を増やして言うことで、今まで負けた分を一気に取り返すことができるといえます。