カテゴリー
インターネットカジノ

ココモ法って知ってますか?

ココモ法とは、カジノの必勝法の1つです。ココモ法を語る前にまず、それとよく似ている必勝法である「マーチンゲール法」について理解すると良いでしょう。マーチンゲール法とは、カジノで使える必勝法の中で最も有名な方法だとも言われています。簡単に説明すると、「連敗の負け分を1回の勝ちで取り戻す」という必勝法です。使い方の基本は簡単で、勝つまで倍賭けするだけ。簡単なルールのため初心者でも手を出しやすい方法であり、1度でも勝てば損失を取り戻せるというメリットがあります。しかし、負け続けてしまった場合にベッド額があがるため、よほど資金力がない限り破産してしまうというリスクも背負うのです。一方、今回の本題であるココモ法ですが、マーチンゲール法の変形とも言われるほどよく似ている方法といえます。具体的には、負けた時に「前回の賭け金と前々回の賭け金を足した額を、次のゲームの賭け金とする」というルールです。もし、連敗しても1回の勝ちで今までの負け分を取り戻すという特徴は、まさにマーチンゲール方法と同じ。しかし、マーチンゲール法と比較して賭け金の増え方が緩やかであるという特徴があります。仮に、スタート時の賭け金を1$と仮定した場合、10連続で使用した時点での賭け金はなんとマーチンゲール法のおよそ10分の1で抑えられているのです。これにより、少ない資金でも利用しやすく、すべての資金を失うリスクが低くなるのです。心理的の負担も軽減されるので、比較的安心してゲームに臨むことができることでしょう。また、ココモ法で獲得できる利益を左右する要素は、何連敗した後に勝利するかということです。負けが続けば続くほどに、いざ勝利した時の配当額は増加します。連敗が続くと人は精神的に追い詰められしまうものですが、その分勝った際の見返りがおいしいことは魅力的です。しかし、そんなココモ法にもデメリットはあります。中でも最大の欠点は、2倍配当のゲームでは利用できないという点。この必勝法は、3倍配当のゲームでこそ効力を発揮するものです。もし、2倍配当のゲームで使ってしまうと、負ければ負けるほどに損失が膨れ上がり、仮に勝ってもその損失を回収しきることができなくなってしまいます。つまり、活用できるゲームを選ぶ必要があるのです。ルーレットのコラムベットやダズンベットといった3倍配当のゲームでこそ、その効力を発揮することでしょう。メリットとデメリットを理解した上で、有効に使っていくことをお勧めします。